【プライドは捨てろ】トレードにおいてプライドが弊害になる理由とは?

 

こんにちは、ニートです!

今回は「【プライドは捨てろ!】トレードにおいてプライドが弊害になる理由とは?」といった記事です。

少し前に以下のようなツイートをしました。

 

 

トレードにおいてプライドは大きな弊害になるので、捨てましょうってことです。

上記のツイートを深堀りしつつ、具体的なプライドの捨て方について紹介していきます。

 

こんな人に読んでもらいたい

・プライドが高いと自覚している

・自分のミスを認めたくない

・損切りできない

 

スポンサードリンク




 

プライド=危険

危険

 

まず、トレードにおいてプライドは非常に危険なものだと理解しましょう。

プライドを捨てなければ、トレードにおいて勝つことは難しいかもです。

この章ではプライドがもたらす危険性について説明していきます!

 

損失が拡大する

シンプルにプライドが高いと自分のミスを認めることができません。

「ミスを認めない=損失拡大」となります。

つまり、自分のエントリーが間違えていたとしても、そのミスを認めることができずに、損失が拡大するということです。

トレードにおいて、ミスを認めることができないと、損失が拡大してしまい、結果的に「退場」となるリスクがあります。

プライドの高さは自分の資金を枯渇させるリスクがあるので、まずは自分のミスを認められる耐性を身に付けましょう。

これがスタートラインだと考えてください!

 

ミスを認めないと成長しない

そして、ミスを認めないとまったく成長しません!

これはトレードに限った話ではなく、スポーツでもそうですよね?

自分のミスやウィークポイントから課題を見つけ、改善して上手くなる。

この一連の流れはどの世界でも同じはずです!

 

したがって、一銭ももたらさない無駄なプライドは捨てて、まずは自分のミスを認められるようになりましょう。

ミスを認められないと、自分の課題が見つけられないし、一生勝てるようになりません!

たしかにエントリーを間違えて悔しい気持ちはわかります。

でも、そのミスと向き合わない限り、成長はできません!

したがって、自己成長するためにも、ミスを認められるようにプライドは捨てましょう。

 

トレードは失敗の連続

ぶっちゃけると、トレードって失敗の連続なんですよね。

実際に、トレードを実践している人はわかるかもですが。

失敗とは自分の選択を間違えることです!

いわゆる億トレーダーと呼ばれる人たちも失敗するわけです。

つまり、トレードにおいて失敗はつきものということ!

 

少し言葉が悪いかもですが、勝ち組と負け組の決定的な差とは?

それは、ミスを認められる度量があるかどうかです。

・ミスを認める→課題が見つかる→改善→改善点を踏まえて実践

ミスを認めることで、上記のような流れを構築できるので、結果的に勝てるトレーダーを目指せるわけです。

逆に一向に勝てない人は、同じミスを繰り返して、まったく学習しないと言えるでしょう!

 

自分を否定=スタートライン

基本=スタートライン

 

前回の章を読んでもらえればわかったと思いますが、ミスを認めることがスタートラインです!

つまり「自分を否定=スタートライン」と言い換えることができます。

・自分のミスを認める=自分を否定する

これってなかなか勇気のいることなんですよね。

でも、スタートラインに立たない限り、永遠に勝てるトレーダーにはなれないでしょう!

 

例えばアスリート

一流のアスリートって自分と真摯に向き合っていますよね?

常に自分の欠点や課題を見つけ、それを改善することに全力を尽くす。

そして、自分の欠点や課題を見つけることは、自分を否定すると言い換えることができますよね?

つまり、自分を否定することで、自身の成長につなげているわけです。

一流のアスリートとなれる所以は、常に紳士に己と向き合い課題を見つけ、努力を継続できるからだと私は思っています!

 

現状に満足:絶対にNG

もっともダメなパターンは現状に満足すること。

いまの自分に課題なんてないし、現状維持でOKだ!

上記のように考えていたら、それ以上の成長には期待できないはずです。

したがって、常に自分の欠点や課題を見つけつつ、自己成長を目指しましょう!

 

損切りができる

そして、ミスを認めることではじめて「損切り」ができます!

損切り:損失が小さい時点でポジションを解消すること

上記が損切りの意味になります。

めちゃくちゃ簡素化した意味ですので、深く知りたい人は「損切りとは」でググってみてください。

つまりは傷口が小さいうちに損失を確定しましょうね、ってことです!

自分のミスを認められる度量があれば、必然的に損切りが可能です。

含み損の小さいうちに損失を確定することで、損失額を小さく抑えられます。

ぶっちゃけると、トレードの成績は通算なので、1回のトレードに固執しすぎるのはよくないです。

損失を小さく抑えつつ、通算成績をプラスに持っていけるようにしましょう!

 

損切りの原因を考える

そして、損切りになった原因を考える。

・エントリーポイント
・ロット
・ロスカットの位置

上記のように原因を考えつつ、改善をして、次回のトレードに生かしましょう。

 

PDCAサイクルを実践できる

PDCAサイクルとは「PLAN・DO・CHECK・ACTION」の略で、トレードで勝つうえで、このサイクルは非常に重要になります。

PDCAサイクル

・PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(評価)→ACTION(改善)

このサイクルを繰り返すことは本当に大切で、勝ち組トレーダーはこのサイクルを繰り返しています。

しかし、プライドが高い人は自分のミスを認められずに、このサイクルを確立できません。

・自分のトレードは間違っていない
・マーケットが間違っている
・自分に都合の良いバイアスを掛ける

上記のように自分のミスを認めなければ、PDCAサイクルを確立できないので、勝ち組トレーダーにはなれないでしょう!

常に自分の欠点や失敗と向き合いつつ、精査しながらトレードを行う必要があります。

プライドを捨てれば、自分の欠点や失敗と向き合えるので、PDCAサイクルを確立することができます!

 

プライドを捨てると成長できる件

成長

 

自分のなかで実感しているのですが、プライドを捨てると成長できるんですよね。

下手にプライドが高いと、成長の弊害になると私は考えています。

この章ではプライドを捨てることで得られることを紹介していきます!

 

他人の力を認められる

プライドを捨てることで、他人の力を素直に認められるようになります!

いつも思うのですが、日本人は他人への干渉が過ぎるんですよね。

とくにIT化社会の現在において、ネットでは有名人などへの誹謗中傷が溢れています。

でも、その原因のほとんどが「嫉妬」だと思うんですよね。

自分には眩しすぎて、あまりにも羨ましいから誹謗中傷を書き込む。

この流れがほとんどじゃないんですかね?

 

ZOZOTOWNの前澤社長

剛力彩芽さんとの交際や月旅行・1億円企画など、常に話題の中心にいた前澤社長。

この前澤社長を批判的にみるか、それとも肯定的にみるかで、自分の人生はまったく変わったものになると思います。

ぶっちゃけ批判的にみる人は、なにかしらのプライドが邪魔しているはずです!

・剛力彩芽と付き合えて羨ましい
・俺も月旅行に行ってみたい
・1億円のバラマキができるほど金持ちになりたい

実際、心の中では上記のように思っているんだと思います。

私は純粋に前澤社長を尊敬しているし、吸収したい点はたくさんあります。

結局、なにが言いたいかというと、批判しても成長しないし、時間のムダだということです!

そんなことに時間を割くのはやめて、前澤社長を素直に認めた方が確実に成長しますよ。

 

純粋に吸収しようとする

プライドを捨てて、他人の力を認められるようになると、純粋に吸収しようとするんですよね。

しかし、年齢を重ねるにつれて、人の力を認められずに、純粋に吸収しようとする気持ちはなくなっていくものです。

でも、これって大きな損失だし、最終的につまらない思いをするのは自分なわけです。

 

赤ちゃんが成長する理由

赤ちゃんってめちゃくちゃ高速で成長しますよね?

常に周りの行動に注視しつつ、全力で吸収し、全力でアウトプットする。

実は、赤ちゃんから学ぶことって多かったりします。

純粋な気持ちで吸収しようとするからこそ、高速で成長するわけです。

しかし、いつのまにかこの気持ちを忘れている人が多いんじゃないですかね?

したがって、この記事をきっかけにその気持ちを思い出してください。

きっと、人生が好転するはずです!

 

目標人物を設定しよう

そして、目標人物を設定しましょう!

例えば、有名トレーダー(勝ち組)はいかにして勝っているのか?

その理由を自分なりに考えて、全力で吸収し、アウトプットしてみる。

一銭にもならないプライドをはぎ落とせば、目標人物を設定することも可能です。

トレードで勝つためには、上手い人を参考にすることは非常に大切なので、是非やってみてください。

もちろん、私自身も実践しています。

 

プライドの捨て方

プライドの捨て方を教える

 

この章では具体的なプライドの捨て方を紹介します。

実際のところ、人はなにかしらのプライドを持っているはずです。

これを完全に捨て切るのは難しいですし、簡単ではないと思います。

でも、これから説明する工程を踏めば、プライドを捨てられると思うので、実践してみてください。

 

挑戦する

まず、プライドを捨てるために必要なものは「挑戦」だと私は考えています。

でも、新しいことに挑戦するのってかなりしんどいですよね。

・莫大なエネルギーが必要
・一歩踏み出す勇気
・失敗のリスク
・漠然とした不安

正直なところ、現状維持をしたくなる気持ちはわかります。

しかし、挑戦することでたくさんのことを学べるわけです!

どうしても、殻に閉じ込もりがちな人はなんでもいいので第一歩を踏み出してみてください。

それが小さな第一歩でもOKです!

・就寝前に10分間読書
・帰宅後5分間のランニング

上記のように小さなことでもいいので、取り組んでみてください!

その第一歩が挑戦というハードルを押し下げてくれるはずです。

 

たくさん失敗する

そして、挑戦することでたくさんの失敗をします。

私もスロット・トレード・ブログと挑戦してきましたが、その過程で幾度となく失敗しています。

そして、失敗することで学びが生まれます。

その失敗から得られるものは、必ず自分の糧となります。

挑戦しないことが最大の失敗

私は上記の言葉を‘‘モットー‘‘にしています。

挑戦しないとなにも生まれないし、なにもはじまらないので、成長は望めません。

したがって、私は果敢に挑戦して、たくさんの学びと経験をしたいと考えています。

 

自分のレベルを知れる

そして、「自分のレベルを知れる」この点が非常に大きなポイントです!

挑戦して失敗することで、ぶっちゃけ自分のプライドは傷つきます。

これは私自身もそうでした。

スロット・トレードにおいてもはじめは負けたし、ブログもまったく読まれずで、プライドが傷つきました。

つまり、自分は天才ではなく、やはり凡人であると再確認できるわけです。

そして、あらゆることに挑戦して気づいたのですが、大抵のことにおいてはじめは失敗するということです。

つまり、失敗を織り込みつつ、挑戦することを覚えるので、いちいちプライドが傷つくこともなくなります。

自分のレベルを知るためにも、挑戦することは大切ですよ。

 

結果的にプライドを捨てられる

そして、これらの工程を踏むと結果的にプライドを捨てられるはずです!

・挑戦→失敗→己を知れる

この流れを踏むと、プライドを捨てられるはずです。

実際に、私はそうでした!

挑戦して失敗することで、自分の無力さを痛感し、その度にプライドが傷つきました。

もう何回プライドが傷ついたかわからないくらいです笑

したがって、プライドなんでまったく生産性がないと気づきました。

それよりも、挑戦して失敗して、その失敗の原因を考えながら改善し、実践を行う。

上記の一連のプロセスにおもしろみを覚えるようになりました。

プライドを捨てて、このような工程におもしろさを感じれるようになれば、人生は好転すると私は思っています。

 

まとめ

 

今回は「【プライドは捨てろ!】トレードにおいてプライドが弊害になる理由とは?」といった記事内容でした。

トレードにおいて、プライドがあると自分のミスを認められずに、成長できないリスクがあります。

・損切りができない
・PDCAサイクルを確立できない

このようにトレードにおいて大切なことが欠如してしまいます。

したがって、私が紹介したように、あらゆることに挑戦して失敗してみてください。

プライドを傷つけて、プライドは生産性がないものだと自覚できれば、トレードでも勝てるようになるはずです。

まずは、トレードでミスを認められるようになる!

ここを目標にしてみてください。

そうすれば、確実に成長できるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です