【プロスペクト理論】人が投資・トレードで負ける仕組みとは?

 

 

こんにちは、ニートです。

今回は「プロスペクト理論」についての記事です。

この理論は投資・トレードをするうえで絶対に理解しておかなければいけません。

私は少し前に以下のようなツイートをしました。

 

 

ツイートでもプロスペクト理論の重要性を訴えています。

それはこの理論を理解することで投資に対する考え方が180度変わり「勝てるメンタル」を身に付けられる可能性があるからです。

 

こんな人に読んでもらいたい

・投資やトレードで結果が出ない

・プロスペクト理論について知らない

・勝つ仕組みと負ける仕組みを知りたい

 

スポンサードリンク




 

 

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは簡単にいうと「人は得をするよりも損をしたくない気持ちが強い」という理論です。

・例えば、10万円貰える喜びよりも10万円失う悲しみの方が大きい

この理論は1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーという人に発見されました。

まあ人物名は余裕があれば覚えておいて下さい。

ぶっちゃけ、理論をしっかり理解して、実践に生かすことの方が大切です。

とりあえず、この章では「人間は損失が大嫌いだ!損失は絶対に許せない!」この理解でOK!

 

プロスペクト理論の例

 

では、実際に例を使って説明していきます。

おそらくですが、実例をみたら「まるで自分のことだ!」と思う人も多いはずです。

 

人は確実にカネを貰う選択をする?(リスクを回避する)

 

例:1

1、タダで10万円貰える

2、コインを投げて表なら50万円貰える(確率50%)・裏なら25万円取られる(確率50%)

 

この場合、どちらを選択しますか?

2が合理的な選択だと言えます!

 

それはなぜか?

期待値を計算すればわかります。

期待値の計算

1、期待値:10万円【そのまま10万円】

2、期待値:12.5万円【(0.5×50)+(0.5×-25)=12.5万円】

この2択の場合、コインゲームに参加した方が期待値が高い合理的な行動であると言えます。

しかし、人間は本能的にリスクが低い方を選択します。

つまり、1を選択するのです。

なぜかというと2の場合、負けたら25万円取られるリスクがあるからです。

このことから人は合理性ではなく、感情で選択することがわかります。

 

人は損失を抱えると思考が180度変わる?(リスクを取る)

では、みなさんに質問です。

もしギャンブルで(パチンコ・競馬・競艇などで)10万円負けたとします。

この場合、どういった心理状態になりますか?

お金を失ったことで悲しさや悔しさがこみ上げてきますよね?

そして、人によっては「絶対に取り返す!」という心境になると思います。

このときにあるゲームを提案されたとします。

例:2

1、タダで5万円貰える

2、コインを投げて表が出たら20万円貰える(確率20%)・裏が出たら10万円失う(確率80%)

 

この場合、どちらを選択しますか?

1が合理的な選択だと言えます!

 

それはなぜか?

期待値を計算すればわかります。

タイトル

1、期待値:5万円【そのまま5万円】

2、期待値:-4万円【(0.2×20)+(0.8×-10)=-4万円】

つまり、この選択の場合は1を選択する方が合理的な選択です。

しかし、損失を出している状況では、人は冷静な判断ができなくなって2を選択します。

それは人間には「損失を許せない!」という感情があるからです。

1を選択した場合は確実に5万円をGETできるけど、合計5万円の損失です。

でも、2を選択した場合「もし20%を引ければ10万円プラスになる」という心理状態が働くからです。

<例:1>の場合は確実に貰える選択をするくせに、損失を抱えた状況になると180度逆の選択をする。

人間はカネが絡むと「期待値や合理性」を本能的に無視する生き物なのです。

 

ニートくん

人は合理的ではなく、感情で選択をしてしまう動物なんだ

だから、そのことを理解しておくことは大切!

このことを念頭に置いておけば、いざ当事者となったときに冷静に考えることができる

でも、そのためには経験(実践)が必要不可欠なんだけどね

 

筆者の実例の紹介

 

では、この章では私の実例をご紹介します。

私もこのプロスペクト理論を知るまで、まさしく本能のまま行動していました。

では、私の実例を具体的に紹介していきます。

 

10万円チャレンジでプロスペクト理論を実感!

いま私は「10万円チャレンジ」と題して日経225先物miniで資産を増やす挑戦をしています。

この挑戦中に「プロスペクト理論を強く実感しました。

この10万円チャレンジも2回失敗しており、いま「第3回10万円チャレンジ中」なのですが、スタートするときは「絶対に減らさない!」と意気込むわけですよ。

でも、マイナスが大きくなるに連れて考え方が変わっていきます。

それが「絶対に取り返す!」という考え方です。

私の場合2、3万円近くマイナスを抱えるとその感情がピークに到達しますね。

もうなにがなんでも取り返そうと無謀なトレードを行っていました。

まさにプロスペクト理論通りです笑

 

10万円チャレンジから生まれるメリット

これはめちゃくちゃたまたまな出来事なんですが、「10万円チャレンジ」メリットがあるんですよ!

それは「リセット」して「再スタート」できるというメリットです。

つまり、10万円チャレンジで失敗したら必然的に10万円から再スタートするわけですよ。

いまの保証金は45000円前後なので、60000円近く負けたらチャレンジ失敗になります。

よって「失敗→再スタート」となるので再度ゼロからの気持ちではじめることができます。

この「~チャレンジ」は自分のモチベーションを維持するためにも良い試みだと思うので、みなさんにもオススメしたいです!

少なくとも私はモチベーションを維持できています!

自分の性格を理解したうえで、常に一定の感情で合理的選択ができる環境を作るべきですね。

 

ニートくん

合理的な選択ができるように自分の性格を知ることは必要だと思う

いかに「冷静に合理的に」トレードできるかが大切なんだ

でも、この点は永遠の課題なんだけどね笑

 

理論を知れば考え方や行動が変わる

 

プロスペクト理論を理解しても、いきなり100%アウトプット(行動)できないと思います。

しかし、理論を理解することで考え方と行動は徐々に変わっていくばすです。

例えば、理論を知っていれば「いま損失を取り返そうとしているな!」とか客観的に自分の行動を感じれるようになります。

これは私自身も実践の中で感じています。

 

 

上記の2つは実践中の私のツイートです。

1つ目は、有利な位置でエントリーできずに上昇の波に乗れなかったときのツイートでした。

そのことから「焦り」を感じて逆張りでショートを仕掛けて2回も担がれました。

そして2つ目のツイートは、そのトレード内容に対してプロスペクト理論の通りに行動していると反省したものです。

 

もし仮にプロスペクト理論についての知識がなければ、このように反省して次に生かすことができません。

ですので、知識をインプットすることは非常に大切です。

私はこのプロスペクト理論を意識するようになって、少なからず考え方と行動が変わりました。

 

ニートくん

「プロスペクト理論」について知っていれば、考え方や行動を変えようとする

合理的な選択をしようと努力するから必ず考え方や行動は変わるはずなんだ!

だから、絶対に意識するべきだと思う

 

まとめ

 

では、この記事のまとめとします。

まとめ

・プロスペクト理論とは「人は得をするよりも損をしたくない気持ちが強い」という理論

・人はカネが絡むと合理的な選択をしない

 

この人間の「本質」を理解するだけでも考え方と行動が変わるはずです。

トレード中に「自分は非合理的な選択をしていないだろうか?」と常々考えることで、合理的選択ができるように進化します。

この点については自分なりに確信があります。

なぜかというと、人間には便利な機能が備わっているからです。

それは「慣れる」という機能です。

例えば、いかなる劣悪な労働環境でもそれが当たり前なら人間は慣れてしまうのです。

それと一緒で合理的選択も慣れてしまえば、自然とできるようになります。

ですので、合理的選択ができるように「プロスペクト理論」を意識しながら日々トレードに励みましょう!

 

オススメの本

トレードをするにおいて読んでおきたい一冊!

メンタルにフォーカスした内容になっているので、是非購入してみてください。

きっと、トレードにおけるバイブルになるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です