ヘッドアンドショルダートップ【売りサイン】ヘッドアンドショルダーボトム【買いサイン】

 

 

こんにちは、ニートです。

今回はチャートパターンの1つである「ヘッドアンドショルダー」を紹介します。

ヘッドアンドショルダーには以下のように2種類あります!

 

2パターン存在する

・ヘッドアンドショルダートップ(三尊)

・ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)

この2つは「トレンドの反転を示唆するチャートパターン」です。

よって、これらの形が現れた場合はトレンドが反転するかも?」と考えて下さい!

では、この2つのチャートパターンについて見ていきましょう。

スポンサードリンク




 

ヘッドアンドショルダートップとは

 

まずはヘッドアンドショルダートップ(三尊)です。

三尊と呼ばれることもあるので覚えておきましょう!

 

<ヘッドアンドショルダートップ(三尊)>

ヘッドアンドショルダートップは頭(head)と肩(shoulder)で成り立ちます。

この形は上昇トレンドの終焉を示唆しています。

 

▼ヘッドアンドショルダートップ(三尊)の形

MEMO
1つ目の山(shoulder)と2つ目の山(head)までは高値を更新するが、3つ目の山(shoulder)は2つ目の山(頭)を超えられない

 

よって、この形が出現したときには「高値が行き詰まり=下落する可能性が高い」と考えましょう。

 

では、なぜこの形が出現したら下落する可能性が高くなるのか?

株価が上昇しているときってどうなっていますか?

株価が上昇しているときは必ず上値を更新し続けていますよね?

ようするに前回の高値(head)を更新できなかった時点で、上昇トレンドは終了と考えられるわけです。

 

このような理由からヘッドアンドショルダートップが出現した場合は下落する可能性が高くなります。

仮に買いポジションを持っていたら迷わず投げましょう。

ヘッドアンドショルダートップが出現したら、私の実践上でも下落するケースが非常に多いです。

 

どのタイミングで売り抜けてどこまで下落するのか?

売り抜けるポイントは「ネックライン」を割り込んだタイミングです。

ネックラインとは1回目の山(shoulder)と2回目の山(head)の間にできた安値と2回目の山(head)と3回目の山(shoulder)の間の安値を結んだラインのことです。

このポイントを割り込んだタイミングで返済売り、もしくは新規売りを行います。

そして「2回目の山(head)とネックラインの値幅分だけ下落すると言われています。

新規売りを仕掛けていた場合は1つの利確タイミングと考えればいいでしょう。

 

3つ目の山で売り抜けよう

教科書ではネックラインでの売りを推奨しているけど、3つ目の山(head)が確定した時点で売るべきだと私は考えています。

それは自身の経験から強く推奨したいです!

本当にヘッドアンドショルダートップは強烈な売りサインだと考えるべきです。

よって、ネックラインまで引き付けるのではなく、3つ目の山(head)が確定した時点で売りを仕掛けましょう。

中長期的に考えてもこの方法が高いパフォーマンスを得られると私は考えています!

 

ヘッドアンドショルダーボトムとは

 

次はヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)です。

逆三尊と呼ばれることもあるので覚えておきましょう!

 

<ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)>

 

ヘッドアンドショルダーボトムは頭(ヘッド)と肩(ショルダー)で成り立ちます。

先ほどのヘッドアンドショルダートップ(三尊)の逆パターンと考えればいいでしょう。

この形は下降トレンドの終焉を示唆しています。

 

ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊)の形 

MEMO
1つ目の谷(shoulder)と2つ目の谷(head)までは安値を更新するが、3つ目の谷(shoulder)は2つ目の谷(head)を割り込まない

 

よって、この形が出現したときには「下値が限定的=上昇する可能性が高い」と考えましょう。

 

では、なぜこの形が出現したら上昇する可能性が高くなるのか?

株価が下落しているときってどうなっていますか?

株価が下落しているときは必ず下値を更新し続けていますよね?

上昇トレンドの逆パターンですね。

 

このような理由からヘッドアンドショルダーボトムが出現した場合は上昇する可能性が高くなります。

仮に新規売りのポジションを持っていた場合は投げましょう。

ヘッドアンドショルダーボトムが出現したら、私の実践上でも上昇するケースが非常に多いです。

 

どのタイミングで買いを入れてどこまで上昇するのか?

買いを入れるポイントは「ネックライン」を超えたタイミングです。

ネックラインとは1回目の谷(shoulder)と2回目の谷(head)の間にできた高値と2回目の谷(head)と3回目の谷(shoulder)の間の高値を結んだラインのことです。

このポイントを割り込んだタイミングで返済買い、もしくは新規買いを行います。

 

そして「2回目の谷(head)とネックラインの値幅分だけ上昇すると言われています。

新規買いを仕掛けていた場合は1つの利確タイミングと考えればいいでしょう。

 

新規買いと返済買いはタイミングを変える?

教科書ではネックラインでの買いを推奨しているけど、私は「新規買いと返済買い」はタイミングを変えるべきだと考えています。

それは私の実践経験から感じたことです。

 

▼具体的なタイミング 

・新規買い:ネックラインを超えたタイミング

・返済買い:3つ目の谷が完成したタイミング

 

実践上、逆張りの買いエントリーは慎重に行うべきだと感じています。

おそらく、トレーダーの心理的に「底」で買いを入れるのは怖いからだと考えられます。

 

一方で返済買いは3つ目の谷が完成したタイミングで行いましょう。

それは一種のリスク回避です。

ネックラインを超えるまで待ってもいいですが、ヘッドアンドショルダーは強い反転サインとして機能するので「売りポジションを持っている場合」は3つ目の谷が完成したタイミングで決済しましょう!

 

まとめ

 

では、この記事のまとめとしましょう

 

まとめ

1、ヘッドアンドショルダートップは売りサイン

2、ヘッドアンドショルダーボトムは買いサイン

3、どちらも強い転換サイン

 

基本的にこの3つを覚えておきましょう!

そして、売買のタイミングは「実践を重ねる・過去のチャートを研究する」この2つの尽きると思います。

こういった感覚は記事を通して伝えることができないので、個々の努力が必要不可欠になってます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です