【トレード】エントリー・利確・損切りを1セットで考えるべき理由を解説

 

こんにちは、ニートです。

いまは「10万円チャレンジ」と題して、元手の10万円を日経225先物miniでいくらまで増やせるかに挑戦しています。

今回は、「【トレード】エントリー・利確・損切りを1セットで考えるべき理由を解説」といった記事内容です。

結論をいうと、「エントリー・利確・損切り」は1セットで考えないと勝てないです。

では、その理由について自身の経験も踏まえつつ、深掘りしていきます。

 

 

こんな人にみてもらいたい

・トレードで結果が出ない

・エントリー、利確、損切りを明確にしていない

 

スポンサードリンク




 

3つで1セット:普遍的な考え方

トレードにおいて、さまざまなスタンス・手法があります。

トレードスタンス

・スキャルピング

・デイトレード

・スイングトレード

ざっくり大きく分けて、トレードスタンスには上記の3つがあります。

【※中長期投資はトレードではなく投資】

とくに、どのトレードスタンスが正解で間違いとかはないです。

自身の性格・資金力・目標利回りなどを踏まえつつ、自分に合ったトレードスタンスを見つけるべきだと思います。

手法

・ボリンジャーバンド

・移動平均線

・エリオット波動

etc

トレードの手法にはボリンジャーバンドを利用したものや、移動平均線・エリオット波動などを利用したものなど、千差万別です。

単独で使用するのではなく、何種類ものインジケーターを組み合わせる人も大勢おり、ぶっちゃけると正解はありません。

日々トレードをしつつ、勝てる手法を見つけていくものです。

したがって、なにが正解でなにが間違っているなんてのはなく、強いて言うなら勝てているならそれが正解!

 

しかし、普遍的な考え方はある

でも、どのトレードスタンス・手法にも共通する普遍的な考え方があります。

それは、「入口と出口を明確にしなければいけない」です。

つまり、「エントリー・利確・損切り」を1セットで考えるべきだというものです。

・なぜエントリーしたのか

・利確ポイントはどこなのか

・損切りラインはどこなのか

これらの3つはトレードを行う前に明確にする必要があります。

これに関しては全員に共通する考え方です。

これら3つを1セットで考えなければ、再現性のあるトレードを確立できません。

では、次の章ではこれら3つを1セットで考えるべき理由について深掘りしていきます。

 

3つを1セットで考えるべき3つの理由

この章では、3つを1セットで考えるべき3つの理由について説明していきます。

3つの理由

1、失敗トレードに終わるリスクが高い

2、テキトーなトレードでは成長しない

3、3つを1セットに考えることでPDCAサイクルが可能に

それでは、3つの理由について、それぞれ深掘りしていきます。

 

1、失敗トレードに終わるリスクが高い

そもそもなんですけども、テキトーなトレードで勝てるわけないんですよね。

もちろん、たまたま上手くいくこともあるわけですが、それは運がよかっただけの話でして…

注意

入口と出口が明確でないと不安になる

入口(エントリー)・出口(利確・損切り)が明確でないと、物凄い不安に襲われます。

よくある話なのですが、上昇に飛びついたり(JC)・なんとなくエントリーしてしまったりすると、不安になります。

じゃあ、なぜ不安になるのか?

それは出口(利確・損切り)がわからないからです。

したがって、上昇しても利確し損ねたり、反対に下落すれば損切りを躊躇してしまったり…

きっと、失敗に終わる可能性が高いです。

 

2、テキトーなトレードでは成長しない

べつに失敗することはいいと思うんです。

しかし、その失敗から学びがなければ、次に生かすことができません。

・なぜエントリーしたのか

・利確ポイントはどこなのか

・損切りラインはどこなのか

トレード前に、上記の3つを明確にしておけば、仮に失敗に終わっても、改善点が出てきます。

でも、上記の3つを明確にしないテキトートレードでは、改善点が出てこないので、ぶっちゃけ成長しません。

改善点が出るとしても、せいぜいテキトーにエントリーしたのがダメだった、くらいです。

 

3、3つを1セットに考えることでPDCAサイクルが可能に

トレードにおいて、再現性のある手法を身に付けるためには、「PDCAサイクル」が必要不可欠です。

以下がPDCAサイクルの説明です。

PDCAサイクル:PLAN(計画)・DO(実行)・CHECK(評価)・ACTION(改善)

エントリー・利確・損切り(P)を明確にし、実行(D)することで、評価(C)が可能になります。

そして、一連のトレードを振り返り、改善(A)できるので、仮に失敗しても次に生かすことができます。

したがって、入口(エントリー)と出口(利確・損切り)を明確に、トレードを行いましょうね!

 

ニートくん

エントリー・利確・損切りを1セットで考えてトレードを行うことで、必然的に以前よりは成長する

したがって、少しずつではあるが、自分の手法を見つけられる

いかに計画性のないトレードやギャンブルトレードが、無駄な行動かお分かりになったと思う

 

自身の例

ここまでエントリー・利確・損切りは1セットで考えるべきだとお話してきたわけですが、ここからは自身の例を紹介していきます。

当たり前なんですけど、私もいっぱい失敗してきたし、現在進行形で失敗を繰り返しています。

私自身の失敗例を紹介していくので、反面教師にしてみてください。

失敗例

1、エントリーを引きつけられない

2、波動(値動き)が読めない状況でのエントリー

3、シナリオ通りに推移しなくてもポジる

 

1、エントリーを引きつけられない

私はポイントまで引きつけられずに、フライングでエントリーしてしまうことがたまにあります。

それはなぜなのか?

やはり、エントリーせずに上昇(下落)していく恐怖があるからです。

せっかくエントリーポイントを明確にしても、そのポイントまで引きつけられないと、利益も減り・損切り額も増えてしまいます。

この点は自分自身の1つの課題です。

しかし、置いていかれる恐怖はなくなりつつあります。

その理由は、フライングでエントリーして悔しい思いをいっぱいしてきたからです。

したがって、過去の失敗から改善できつつあります。

 

2、波動(値動き)が読めない状況でのエントリー

私はエリオット波動を分析の柱にしています。

エリオット波動は相場の方向性(トレンド)を分析できるので、個人的にオススメです。

エリオット波動入門 相場の未来から投資家心理までわかる (ウィザードブックシリーズ) [ ロバート・R.プレクター ]

created by Rinker

エリオット波動は(1~5波)で上昇し、(A~B波)で下落するという理論です。

そのなかでも難しい局面があり、とくに4波とB波は非常に動きが読みづらいです。

・動きが読みづらい=エントリー・利確・損切りのポイントを明確にできない

しかし、このような難しい局面でも、利益欲しさにポジションを持ってしまうことがあります。

複雑な値動きでポジションを持って負ける、という失敗も幾度となくしてきました。

このことからもエントリー・利確・損切りを明確にできないなら、トレードするべきではない、と言えますね!

 

3、シナリオ通りに推移しなくてもポジる

これは最近なんですけど、シナリオ通りに推移しなくてもポジションを持ち続ける、という失敗をしました。

それでは、以下のチャートをご覧ください。

引用元:https://jp.tradingview.com

(mini:15分足)

上記の赤線のような値動きになり、わりと瞬発的に20800円あたりまで下落すると予想し、ショートを仕掛けていました。

しかし、自分のシナリオとは異なり、実際にはレンジっぽい値動きになったわけです。

下がり切らない値動きをみて「一旦利確する」という選択を取るべきだったのですが、できませんでした。

最終的に小さい損失ではあったものの、損切りになりました。

この失敗から、シナリオ通りに推移しなければ、すぐにポジションを手仕舞う大切さを学びました。

・シナリオ崩壊=利確ポイント・損切りラインともに崩壊

上記のようになりますからね!

ゴールがみえなくなれば、ポジションは手仕舞うべきです。

 

ニートくん

是非、私の失敗例を自分のトレードに生かしてほしい

 

まとめ

 

今回は、「【トレード】エントリー・利確・損切りを1セットで考えるべき理由を解説」といった記事内容でした。

これら3つを1セットで考えなければ、勝てるトレーダーにはなれないです!

しっかり、入口(エントリー)と出口(利確・損切り)を明確にしつつ、再現性のあるトレードを目指しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です