パチプロ仲間を作る重要性!

 

こんにちは、ニートです。

みなさんは生活していく中で人とのつながりを大切にしていますか?

人生において大切なことはお金以上に人とのつながり・関係性だと私は思っています。

 

 

実はパチスロにおいても同じことが言えます!

パチプロ(専業)の人は横のつながりを大切にしています。

それは情報を共有する重要性を知っているからです。

パチスロの世界でも「報はカネになる」これをプロは認識しています。

(※もちろんお金の面だけではありませんよ!)

この記事では「パチプロ仲間をつくる重要性」について深掘りしていきます。

 

この記事の内容

・パチプロ仲間の作り方

・どういった情報を共有し合うのか

・パチスロ以外の情報は得られるのか

 

 

スポンサードリンク




パチプロ仲間の作り方

では、みなさんに質問です!

パチプロ(専業)の人は周りにいますか?

・パチスロで生計を立てている

・バイトせずにパチスロで稼いでいる学生

以上のような人が周りにいたら仲良くなりましょう。

どのような方法で立ち回っているのか聞いてみて下さい。

きっと勝つ為のヒントが得られるはずです。

 

もし代打ちをお願いされたら積極的に引き受けて下さい。

リアルにその人の立ち回り方がわかるので最高のお手本になるはずです。

給料を貰えるだけでな「勝てるノウハウ」も得られるので一石二鳥です!

私の体験談

実際に私の代打ちをしてくれていた子の中にも独り立ちして、勝てるようになった子もいます。

もし周りにパチスロで生計を立てている人がいなければ、ホールで話しかけて仲良くなりましょう!

でも、プロの人ってどうやって見分ければいいの?

 

プロの見分け方

では、プロの見分け方につい説明していきます。

以下のような条件に当てはまるなら私の経験上、ほぼ間違いなくプロです。

5つの条件

1、貯メダルが3万枚以上ある
2、常にホールを徘徊している
3、データカウンターを使用している
4、閉店チェックを行っている
5、よく別積みをしている

この条件を満たしている人に話しかけて仲良くなりましょう。

でも、どのようにして仲良くなればいいの?

 

仲良くなる方法

多少コミュ力によって差は出てくると思いますが、「パチスロ」という共通点があるので、仲良くなるのはそこまで難しい話ではないと思います。

では、簡単に仲良くなる方法を紹介していきます。

参考にしてみて下さい。

話しかけるタイミング

・隣同士で打っているとき
・朝一の並びのとき
・向こうが出玉を作っているとき

上記のように話しかけるタイミングはいくらでもあります。

シャイな人でも自己成長のために是非とも話しかけてみて下さい!

 

でも、タイミングが重要なので注意しましょう。

例えば向こうが明らかに負けていてイライラしているときはやめましょう。

 

逆に出玉が出ているときはチャンスですね!

そのときには隣同士で打ってなくても「設定6っぽいですか?」とか「いつも出してますよね?」とか向こうが喜びそうな言葉をセレクトして話しかけてみましょう。

思いのほか気さくに答えてくれるものですよ。

あと朝一の並びのときもチャンスですね!

・なにを打つんですか?

・なんでそんなにツモれるんですか?

・歴は長いんですか?

いくらでも話の‘‘ネタ‘‘はありますからね。

もし自分が学生の場合なら‘‘面接‘‘や‘‘営業‘‘の練習にもなりますよ!

話しかけて波長が合うなら、今後ホールで会っても話しかけてみて下さい!

きっと、向こうも話してくれると思います。

 

プロ側が仲良くなるメリット

人生って「give&take」で成り立っている側面があるんですよね。

「なにかを与えたらなにかが返ってくる」という具合に。

つまり、プロ側の気持ちとしては「なにかを与えたら返ってくるかもしれない」と考えるわけですよ。

プロ側の考えるメリット

・AT中の台を貰えることがあるかもしれない
・設定6の台を貰えることがあるかもしれない
・代打ちをしてくれるかもしれない

など、さまざまなメリットが浮かびます!

でも、瞬時にそこまで考えるようなあざとい人はなかなかいないと思います笑

話しかけられたら話そうかなと思うのが普通の心理ですからね。

ただ、向こうにもメリットはあるということです。

冒頭にも述べたようにプロは横のつながりを大切にしていますから。

一人仲良くなれば、その人を通じてプロの知り合いは必然的に増えていくと思います。

5人くらい仲良くなれば、自然とその輪が広がるはずです。

 

どういった情報を共有するのか

 

パチプロの人とはどういった情報を共有して収益の向上につなげるのか説明していきます。

パチプロの人とは基本的に店の情報の共有を行います。

主な共有事項

・熱いイベント

・状況の良い店

・昨日打っていた台の設定

上記のような情報を共有します。

一人で全てを網羅するのは不可能なので横のつながりが本当に大切です。

筆者自身も情報共有で店の情報を仕入れてツモれた経験が幾度となくありました。

本当にありとあらゆる情報を入手できます。

情報共有:例

・A店の初代まどかが〇月〇日に全6だったよ。あの店は少数機種を全6にする時がたまにあるから状況次第では狙えるかもよ?
・B店のハナハナは中間を使わないから挙動が良かったら高設定に期待できるよ。
・C店はベタピン据え置きだから変更は熱いかもよ。イベントの日に強敵が6確定出てたらしいよ。
・D店の〇月〇日の〇番台の鳳凰ハナハナでREG後上下パネフラ出てたよ。

上記のようにデータからでは把握できない情報も得られることがあります。

 

A店のパターン

例えば、5台構成の機種で3台稼働していたとします。

仮にその3台とも初当たりが軽かった場合、みなさんならどう考えますか?

もしかしたら「全6あるかも?」と推測して打つことができます。

それは事前に‘‘少数機種を全6にすることがある‘‘という情報を仕入れているからです。

 

B店のパターン

B店の場合はハナハナの中間設定を使わないという情報がわかっています。

よって、高設定挙動の台が空いたら‘‘強い根拠を持って‘‘打つことができます(前任者がプロでないことが条件)。

 

C店のパターン

C店のパターンだとイベントの日にガックン判別ができる機種をひたすらチェックします。

そして、実際にガックンした台は強い根拠を持って打つことができます(出目を変更しない店であることが条件)。

 

D店のパターン

D店のパターンだと〇番台は前日どのような挙動をしていたのか?

例えば、前日に5000枚出ていたなら据え置きで高設定を狙えるんじゃないか?

など、その情報1つで高設定を投入する癖を読めるかもしれません。

 

このように一つの情報から立ち回りの幅を広げることができます。

ですので、横のつながりを大切にし、たくさんの情報を集め、立ち回りの幅を広げて下さい。

きっと、収支を残せるようになると思います。

 

パチスロ以外の情報は得られるのか

 

パチプロの中には純粋にスロットだけをしている人もいます。

しかし、以下のように他にも収入を得ている人もいます。

・アフィリエイト

・転売

・投資

上記のようなモノが挙げられます!

きっとパチスロ以外の稼ぎ方を教えてもらう機会があると思います。

そこで話を聞き流すのではなくて、しっかりその情報を吸収するつもりで聞いてみて下さい。

なぜなら今の時代、稼ぐ手段を数多く持つことは必須ですから!

しっかり話を聞いて「自分なりに調べる」そうすることで情報の取捨選択ができるようになります。

情報化社会の現代において、情報を自ら遮断するのは非常に勿体無いです。

 

例:仮想通貨

仮に数年前から保有していたら何十倍・何百倍・何千倍になっていましたよね?

全財産を投資に回すのはリスクが高すぎますが、数万円でも投資に回すことで未来が激変するかもしれません。

上手い情報には裏があるとよく言われるが、情報を遮断していては自己成長はできないです。

少し話が脱線しましたが、パチプロをやっている人は基本的にサラリーマンになりたくない人が多いです(私の周りのプロはそうでした)。

よって、アンテナを張って稼げる手段を模索している人が多い印象です。

サラリーマンの人よりも自由が効きますからその分情報を集める時間もありますからね。

周りのプロの人に「パチスロ以外に収入源はありますか?」と聞くことでなにか別の情報を得られて新しい刺激を受けられるかもしれません。

 

まとめ

 

パチスロ仲間を作ることで情報を共有するメリットが生まれます。

そして、その情報を生かして立ち回りの幅を広げることができます。

いつの時代もどの世界も人とのつながりは大切だということですね。

そして、パチプロ仲間からスロット以外の有益な情報も得られるかもしれません。

みなさんもパチスロで専業を目指すなら、「横のつながり」を大切にして下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です