【北の達人】を分析してみた! 

 

こんにちは、ニートです。

今回は「北の達人」についての記事です。

もしかしたら知っている人もいるのではないでしょうか?

個人的に気になる企業の一つなので考察してみようと思いました。

べつに買い煽るための記事ではありませんので、警戒しないで下さいね!

 

こんな人にみてもらいたい

・北の達人ってどんな企業?

・業績は?

・テクニカルは?

・買うべきなの?

 

 

スポンサードリンク




 

北の達人ってどんな企業

 

まずは「北の達人」はどんな企業なのか見ていきたいと思います。

中長期的な視点で投資を考えている人はその企業がどういった事業を行っているのか知っておくべきです。

ですので、しっかりと銘柄について調べる癖を付けましょうね!

 

北の達人とは?

北の達人は北海道に拠点を置く、「健康食品」・「化粧品」を展開する企業です。

とくに「カイテキオリゴ」が有名で私の母も定期購入していました。

健康食品や化粧品というものはデフレ期にも定期購入者を見込めると思います。

そういう視点からも中長期的な視点で保有できるのではないでしょうか。

 

事業内容

先ほども紹介した通り、「健康食品」・「化粧品」を展開する企業です。

健康食品というものは「大きく流行に左右される」ものです。

青汁・甘酒・炭酸水などもまさにそうですよね?

必ず「〇〇ブーム」とういうものは起こります。

いわゆる「トレンド」というやつです。

しかし、北の達人の商品開発は「流行」を追いかけるものではありません。

 

本当に良い商品を求める

北の達人は次々に登場する「新しい成分」を追いかけるのではなく「本当に良い成分」を求めています。

流行り廃れではなく、「本当に良い成分」を求めて商品開発を行っている点は好感が持てると思います。

たしかに流行りを追いかければ、一時的に売上は伸びる可能性がありますが、それは一過性のもので、安定的に売上を伸ばすことはできないですからね。

「本当に良い商品」つまり品質の良い何度も使ってもらえる商品を開発している点は中長期的な視点でも企業成長に期待が持てると思います。

 

ポイント

流行り<本当に良い商品

 

ニートくん

流行りではなく、本当に良い商品の開発を目指す!

この企業理念は大きな信頼を置けると思うんだ

 

売上の約7割が定期購入

北の達人のHPにも記載されているのですが、売上の約7割が「定期購入」だそうです。

安定的に既存客が購入してくれることで安定的な売上を上げられる仕組みですね。

そして、定期購入の会員が増えることで売上がどんどん上積みされていきます。

事業内容の点でも言いましたが、「本当に良い商品」を提供することをモットーとしていることで「定期購入者7割」をキープできているのだと思います。

劣悪な商品だとリピーターはつきませんからね!

ちなみに私も肌荒れに悩んでいるので北の達人の商品購入を検討しています。

 

この章のまとめ

では、この章のまとめとします。

 

北の達人とは

・「健康食品」「化粧品」を展開する企業

・流行には左右されない(ブームを追いかけない)

・「本当に良い商品」のみを開発する

・売上の約7割が定期購入

 

気になる業績について

 

 

中長期的に株式を保有するうえで大切なのは「業績」です。

業績が赤字続きでは最悪の場合「倒産」する可能性もあるので、安定的な業績は必要不可欠です。

では、「北の達人の業績はどうなのか?」見ていきましょう!

 

増収増益を続ける優良企業

単刀直入に言うと、北の達人の業績推移は「凄い」の一言ですよ!

「売上」「経常利益」「当期純利益」すべて右肩上がりで推移しています。

 

<売上>

引用元:北の達人コーポレーション

 

<経常利益>

引用元:北の達人コーポレーション

 

< 当期純利益>

引用元:北の達人コーポレーション

 

上記の棒グラフは2009年から2019年(2019年は見通し)にかけての売上・経常利益・当期純利益の推移です。

見ての通り綺麗な右肩上がりで業績を伸ばしています。

ぶっちゃけ「なぜ上場時から持っていなかったんだ!」と悔やむくらいの業績推移です。

先ほどの章でも言いましたが、安定的に既存顧客が購入してくれているからこそ、安定的な成長ができているのでしょうね。

私もいろんな企業の決算をみていますが、北の達人ほど安定的に成長している企業はなかなかお目にかかれません。

ですので、中長期的に投資をするならこういった企業に投資したいですね。

 

将来性は?

では、北の達人の将来性はどうなの?

安定的に成長しているけど、いつまで続くのだろう?

投資するうえで、この点には留意しなければいけません。

この将来性に関しては個人的な見解を述べていきます。

 

ぶっちゃけ、まだまだ伸び代は十二分にあると思います。

理由

・時価総額が高くない

・PERも成長性のわりに低い39倍

上記の2つがまだまだ伸び代があると言える根拠です。

まず、時価総額は2019年1月16日時点で646億円です。

時価総額646億円と言われても「高いの?低いの?」わからない人もいると思います。

そういうときは同業他社と比較するとわかりやすいですよ。

北の達人のように「健康食品」・「化粧品」を展開する企業には資生堂やポーラ・ファンケル・コーセーなどがあります。

これらの企業の時価総額と比較して伸び代を確認するのは一つの考え方です。

 

<4社の時価総額>

企業名 時価総額
資生堂 2兆4328億
ポーラ 6564億
コーセー 8949億
ファンケル 2909億

(※2019年1月16日時点)

 

上記の4企業の時価総額と北の達人の時価総額を比較した場合、まだまだ伸び代があることがわかります。

いまから3倍になったとしても時価総額2000億未満ですからね。

 

それとPERですが、成長性を考慮してもかなり割安だと考えられます。

というのも「株価は将来を織り込む」ので、安定的に増収増益を続けているわりには買われていない印象です。

なぜなのか?

それは2018年の地合いが悪かったことが一つの原因だと考えられます。

2018年は年初のVIXショックや10月から年末にかけての暴落で年間で約13%下落しました。

その影響もあって大きく買われていた北の達人は売り込まれたのだと思います。

 

この章のまとめ

では、この章のまとめとします。

この章のまとめ

・増収増益を続ける優良企業

・将来性もある

 

刺すヒアルロン酸が大ブームの予感

 

2019年5月24日に北の達人からIRが発表されました。

刺すヒアルロン酸「ヒアロディープパッチ」が予約待ち人数3万人超で、注文からお届けまで2~3ヶ月待ちとなっているそうです!

発売以来の累計売上高が約42億の大ヒット商品で、更なる人気化にも期待できる状況だと思います。

 

ニートくん

さすがに3万人超の2~3ヶ月待ちは凄いな!

私もとっても気になっている商品

 


Twitterをみていても高評価を目にします。

・肌が若返った

・化粧ノリがよくなった

・ハリがでた

今後、北の達人の業績に大きく寄与してくれる商品になりそうですね!

いや、なってもらいましょう。

以下から購入可能なので、気になる方は是非!

 

ヒアロディープパッチの購入はこちら


 

合う合わないはあるかもですが、試してみたいですね!

いまも予約待ちみたいなので、購入するなら早めがいいかもです。


 

ニートくん

刺すヒアルロン酸「ヒアロディープパッチ」は業績の寄与に大きく期待できそう!

ヒット商品を連発させてほしいね

 

テクニカル

 

では、簡単にテクニカルについても見ていきましょう。

 

 

(画像元 HYPER SBI)

(北の達人:月足)

 

これは月足チャートです。

2018年に少し売り込まれましたが、綺麗に右肩上がりで上昇しています。

それは業績と成長性の裏付けがあるからだと言えます。

現在の価格は月足レベルでみると高値と安値を基準に考えるとほぼ半値水準ですね。

ですので、テクニカル的にも買いを入れてもいい頃合いだと私は思います。

この記事では中長期的な目線で保有することを前提に書いているので、短期目線の人とは意見が食い違うと思います。

いずれにしても、業績が順調に伸びていけば、上場来高値1105円も十分ブレイクできると思います。

 

買うべきなのか

 

 

結論からいうと、中長期投資を考えている人は買うべきだと思います。

中長期的に成長が見込めるうえに配当もしっかり出ています。

「100株以上保有で3300円相当の自社商品+0.76%の配当利回り」と成長段階の企業としては配当内容もかなり良いです。

 

・「本当に良い商品」のみを開発する

・売上の約7割が定期購入

・増収増益を何年も続けている

・まだまだ伸び代がある

・ヒアロディープパッチに期待できる

・テクニカル的にも月足で半値水準

これらの理由から私は強く推奨します。

今回は北の達人について紹介しました。

今後と有望な企業や気になる企業があれば、どんどん記事にしてくので、是非ご覧にになって下さい。

では!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です