【中長期投資】分散投資が大切な理由とオススメのポートフォリオ

 

こんにちは、ニートです!

今回は「【中長期投資】分散投資が大切な理由とオススメのポートフォリオ」と題した記事です。

中長期投資において、分散投資が大切な理由と個人的にオススメのポートフォリオについて紹介していきます。

これからの日本はあらゆる問題が山積みなので、資産運用は必要不可欠です。

 

日本が抱える問題

・人口減少
・社会保障費の増加
・消費税増税
・年金の実質破綻
・イノベーションが起きない

実質、日本という国がオワコン化していく可能性は非常に高いです。

つまり、一人一人がそういった自覚を持たなければ、日常生活が送れないレベルまで困窮するかもしれません。

そうならないためにも、中長期的な資産運用方法を身に付けましょう!

 

 

こんな人に読んでもらいたい

・中長期的な資産運用を考えている

・分散投資について知りたい

・具体的な投資先を知りたい(ポートフォリオ)

スポンサードリンク




分散投資するべき理由

 

では、分散投資するべき理由について説明していきます。

中長期的に資産運用するにあたり、かなり大切なので絶対に理解しましょうね!

 

卵を一つのカゴに盛るな!

相場の格言に「卵を一つのカゴに盛るな」というものがあります。

この格言を簡単に噛み砕くと、一つのカゴに盛って、落とした場合、すべて失うよ、って話です。

複数の卵を一つのカゴに盛って、もしひっくり返したらすべて割れちゃいますよね?

でも、いくつかのカゴに分散して盛れば、一つのカゴをひっくり返しても、残りのカゴの卵は無事ですよね?

したがって、いくつかのカゴに分散させましょうね、ってのがこの格言の意味です。

 

分散投資でリスク回避

相場の格言である「卵を一つのカゴに盛るな」は分散投資を推奨するものです。

つまり、偏ったポートフォリオではリスクが高いと、教えてくれているわけです。

具体的な投資案件

・株
・債券
・金(GOLD)
・不動産
・仮想通貨

上記のようにいくつも投資案件はあるわけです。

しかし、具体的に「どこへ・なにへ」投資すればいいかわからないですよね!

具体的な投資先(ポートフォリオ)に関しては、あとで説明します。

この章では分散投資は大切ってことを理解してもらえればOK!

 

預貯金が安全は妄想である件

日本人が愛してやまない預貯金ですが、実は非常にリスク高めなんですよね。

その理由は預金金利が低いからではないですよ!

では、ここで一つ質問です。

 

もし仮に日本が破綻したら、円の価値はどうなるでしょうか?

円の価値は無くなり、紙切れ同然となります。

 

つまり、ポートフォリオの100%が預貯金だったら、あなたの資産はゼロになってしまいます。

日本に限って、そんなことはありえないよ…

私もそう思いたいですが、可能性はゼロじゃないんですよね。

日本人が愛してやまない預貯金は非常にリスクが高いわけなんですね。

もちろん、預貯金をポートフォリオの一部とするのはOK!

しかし、すべて預貯金だとリスク高いよ、ってことです!

 

具体的な投資先(金融商品)

 

では、この章では具体的な投資先(金融商品)を紹介していきます。

一つの考え方として、捉えてもらえればと思います。

 

1、米国株

まず、最初に紹介する投資先は「米国株」です。

当ブログの記事で何度も紹介しているように、米国株を投資先から外すことは考えられません。

米国株について詳しく知りたい人は、以下の記事も合わせて読んでみてください。

 

アメリカ市場は世界最強

単刀直入に言うと、アメリカ市場は世界最強なんですよね!

・経済力
・軍事力
・成長性

上記のように、すべての分野でアメリカは世界最強です。

極端な話かもですが、「米国株に投資せずに、なにに投資するの?」と言っていいくらいです。

したがって、投資初心者を含めるすべての人に、米国株への投資を強く推奨します、

中長期的な資産運用を考えた場合、大きな利益をもたらしてくれるはずです!

自身のポートフォリオには、確実に組み入れるべきだと言えます。

 

2、金(ゴールド)

安全資産の代表例が「金(ゴールド)」です。

金の価値は不変であり、今後もその価値が揺らぐことはないでしょう。

金は安全資産と言われるように、リスクオフの局面で買われます。

具体的に、リーマンショックや戦争などが起こったときの逃避先となります。

ドルや円などの通貨価値は国が滅びれば無くなってしまいます。

一方で金の価値は、地政学的リスクの局面で本領を発揮するので、リスクヘッジのために保有したいところです。

以下が金の月足チャートです!

 

引用元:https://jp.tradingview.com

(金/米ドル:月足チャート)

 

現状、1900ドル前後を天井に価格を下げていますが、そろそろリセッション(景気後退)の局面が訪れるかもです。

つまり、再びその金の価値が見直される可能性があります。

しかし、それは一過性のものであって、リスクヘッジという側面からも中長期的に金の保有は必要です。

したがって、自身のポートフォリオに金を組み入れるべきだと言えます。

 

3、ビットコイン(BTC)

このビットコイン(BTC)の保有に関しては、賛否両論あるかもですが、少しはポートフォリオに組み入れるべきだと考えています。

現在は黎明期で、その価値に対して懐疑的な意見もありますが、金のような地位を築く可能性もあります。

とくに新興国では、自国の通貨に信用がないので、ビットコインのニーズが増えるかもです。

実際のところ、大衆が価値のあるものだと認めれば、その価値は向上していきます。

現状では保有するリスクはありますが、ポートフォリオの一部に組み入れるのはありだと思います。

ビットコインの保有は、今後のイノベーションに対するヘッジになるかもです!

 

オススメのポートフォリオ

 

では、この章では個人的にオススメのポートフォリオを紹介していきます。

一つの目安として、自身のポートフォリオの参考にしてみてください。

 

ポートフォリオ

・米国株:50%

・預貯金:30%

・金(ゴールド):10%

・ビットコイン:10%

 

米国株50%

私は米国株の割合をもっとも高めるべきだと考えています。

簡単にその理由を説明すると、アメリカは世界最強だからです。(覇権国)

 

アメリカの強み

・経済力
・軍事力
・市場の成長性
・NYダウチャート(右肩上がりで上昇)
・株主還元の意欲
・ドル建てで保有できる

上記のように、あらゆる観点からみても、アメリカは投資する妙味が高いです。

そして、米国株への投資は高いパフォーマンスの望めるだけでなく、ドル建て資産を保有できる点も大きなポイントになります。

米国株へ投資することで、必然的にドル建て資産を保有できるため、通貨を分散で保有できます。

この点は非常に大きなポイントです!

 

分散投資しよう

はじめにも話したように、分散投資は非常に大切です。

したがって、米国株へ投資する場合も「卵を一つのカゴに盛るな」です。

つまり、業界を分散させて投資を行いましょう!

 

▼以下のような業界へ分散投資

・通信
・飲食
・一般消費財
・薬品
・半導体
アメリカの代表的な企業へ分散で投資しておけばOK!

コツコツとドルコスト的に積み立てることで、必然的に資産は増えていくはずです!

どのような企業に投資していいかわからない、という人は以下の記事も合わせて読んでください。

 

SPDR S&P500 ETF<1557>

個別株への投資に躊躇する人はETF購入がオススメ。

SPDR S&P500 ETFは、S&P500をベンチマークとする日本に上場しているETFです。

簡単にいうと「アメリカの主要500企業に分散で投資できる商品」となります。

つまり、このETFを購入することで、必然的に分散投資が可能になるわけです!

個別銘柄の選定が面倒だと感じる人は、SPDR S&P500 ETFの購入を検討してみてください。

 

預貯金30%

基本的に預貯金は利回りも低いし、メリットがないのですが、即金性が高いので、ある程度は預貯金しておくべきです。

なにか大きな買い物をするときなどに、どうしても現金が必要になります。

そんなときに現金がなければ、その度に株式を売却する必要があり、手間もコストも掛かるわけです。

したがって、ある程度の額を預貯金しておくべきです!

もちろん、家庭を持っている人や独り身の人によって、預貯金比率は変わってくるかもです。

ぶっちゃけると、正解はないと思います。

しかし、ある程度は預貯金しておくべきなのは間違いないです。

私は独り身なので、極限まで預貯金の比率を下げたいですけどね!

 

金(ゴールド)10%

この金の保有に関しては、値上がり益ではなく、資産の防衛目的です。

リーマンショックや戦争などで、世界経済が混乱したときに、注目され人気が高まるのが金です。

地政学的リスクが高まるときに買われることから「有事の金」と呼ばれています。

つまり、地政学的リスクに備えて、金を保有するわけなんですね。

金はそれ自体に価値がある一方で、ドルや円は国が破綻したら紙切れ同然になるかもなので…

したがって、万が一の事態に備えて、ポートフォリオに組み入れるべきです!

 

金の購入方法

金はあらゆる購入方法があるので、自分に合ったものを選択しましょう。

以下の記事にわかりやすく説明されているので、参考にしてみてください。

たあんとさん

 

ビットコイン10%

このビットコインを保有に関しては賛否両論あるでしょう。

しかし、その注目度は日に日に高まっており、なによりも送金の速さや決済の手軽さなど、既存の通貨にはない強みがあります。

今後、ビットコインが実社会に浸透すると仮定するなら、ポートフォリオの10%程度組み入れるべきです。

そして、ビットコインは発行数が決まっているため、インフレ対策になるのも一つの強みです。

したがって、一種のリスクヘッジで、ドルコスト的に積み立てるべきだと、私は考えています。

 

まとめ

 

今回は「【中長期投資】分散投資が大切な理由とオススメのポートフォリオ」記事でした。

分散投資の必要性を感じて、行動(アウトプット)に移してもらえれば嬉しいです。

今後の日本は成長よりも衰退していく可能性が高く、一人一人が自覚を持ち資産運用をしなければ、最低限度の生活が送れないかもしれません。

したがって、米国株を中心としたポートフォリオを組んで、自身の資産を増やしつつ、防衛できるように考えていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です