【日経225先物mini取引】6月22日(土) ニートによる相場見解

 

 

こんにちは、ニートです。

現在は「10万円チャレンジ」と題して日経225先物miniでいくらまで資産を増やせるか挑戦しています。

あとはブログをやりつつ、さまざまな情報をインプットする日々を送っています。

それと「エリオット波動」について深く知りたい人は以下の書籍を強く推奨します。

アメリカでは講義でも使用されるほど重宝されているようです!

 

エリオット波動入門 相場の未来から投資家心理までわかる (ウィザードブックシリーズ) [ ロバート・R.プレクター ]

created by Rinker

 

久しぶりの相場見解ですね!

直近(6月)の値動きを振り返りつつ、来週以降の値動きを予測していきます。

 

ポイント

・マイナー2波は終了(6月の頭に)

・大局はマイナー3波(上昇相場)

・来週は21000円を割れる可能性

 

スポンサードリンク




 

6月の値動きを振り返る

 

ニートくん

まずは、6月の値動きを振り返っていくよ

6月の頭にマイナー2波→マイナー3波への移行があって、そのタイミングを計るのが非常に難しかったんだ

 

6月の相場は個人的に非常に難しかったです。

マイナー2波→マイナー3波という大きな相場転換があり、この転換にいち早く気づき、対応できるかが大きなポイントになりました。

 

ポイント

・マイナー2波→マイナー3波への移行に気づけたか

 

では、具体的な値動きについてみていきましょう。

 

マイナー3波への移行タイミング

 

この大きな転換(マイナー3波への)に気づくのが私は遅れました。

したがって、6月の序盤は非常に苦労しました。

しかし、大きな流れをみれば気づくことができたと反省しています。

具体的に以下の2つのポイントに注視していれば、気づくことが可能でした。

 

相場転換のポイント

1、フィボナッチ61.8%

2、チャネルライン到達

 

1、フィボナッチ61.8%

 

 

引用元:https://jp.tradingview.com

(mini:2時間足)

 

日経225先物は2019年1月以降、上記のように進行しています。

19000円あたりからマイナー1波が開始し、その終点が22300円あたりで終了。

そして、現在はマイナー3波が進行中とカウントしています。

6月のポイントはマイナー2波→マイナー3波への移行にいち早く気づけるかが大きなターニングポイントでした。

上記のチャートをみてください。

19000円あたりから22300円あたりを結んだフィボナッチの61.8%がしっかり機能していることがわかります。

これは非常に大きなポイントでした。

 

2波について

・比較的大きくリトレイス(戻す)する

・フィボナッチ50%~78.6%など

 

したがって、フィボナッチ61.8%が機能するかどうか注視していれば、気づけた可能性があります。

これが1つ目のポイントでした。

 

2、チャネルライン到達

 

引用元:https://jp.tradingview.com

(mini:15分足)

 

5月(GW明け)からマイナー2波(ミニュットa~c波)による下落が開始しました。

 

そして、その終点を見極めるために重要になるのはミニュットc波の終点(=マイナー2波の終点)です。

ちなみにミニュットc波はダイアゴナルで進行したと考えています。

その理由は波動が重なり合いながら進行していたからです!

ミニュットc波(マイナー2波)の終点の2つ目のポイントは、ミニュエット(ⅰ)とミニュエット(ⅱ)チャネルラインに到達です。

基本的に相場はチャネルラインに沿うように進行するので、チャネルライン到達=終点と考えることができました。

 

ニートくん

マイナー2波の終点は「フィボナッチ61.8%・チャネルライン到達」

上記の2つが重なったことで見抜くことができたわけだ!

 

トレンド転換を見抜くポイント

・節目(100・200・300・1000など)

・フィボナッチ(38.2%・50%・61.8%・78.%など)

・チャネルライン

・レジサポライン

・値幅予測(a=cなど)

 

上記のようなポイントが重なれば重なるほど、反転する可能性が高くなります。

改めて、これらの重要性に気づかされました。

 

 

マイナー3波の値動き

 

では、マイナー3波がどのように進行しているのかみていきましょう。

 

引用元:https://jp.tradingview.com

(mini:15分足)

 

6月に入りマイナー3波が進行してきたわけですが、6月はミニュットⅰ波がようやく終了したとカウントしています。

 

ポイント

ミニュット(ⅰ)波は終了

 

ミニュットⅰ波は(ⅱ)波が浅いリトレイスだったり、(ⅳ)波が非常に複雑な調整だったりと、かなり苦戦しました…

しかし、しっかりチャネルラインを引けば、それなりに勝負できると改めて気づかされたわけです。

上記のチャートをみてもらえればわかると思いますが、チャネルライン(緑)を割れば修正波に移行しています。

したがって、しっかりチャネルラインを引くことで、トレードを有利に進めることができるんですね。

 

ニートくん

チャネルラインを引けば、トレードを有利に進められる

チャネルに到達すれば逆張りでエントリーし、チャネルを割り込めばトレンド転換と考えてトレードを行おう

基本的なことに気づかされた1ヶ月になった!

 

 

月曜日以降の値動き

 

では、月曜日以降の値動きを予測していきます。

 

現在地

 

まずは、現在地の確認をしていきます。

現在地

マイナー3ーミニュットⅱーミニュエット(a)or(b)

 

上記のように現在地を考えています。

 

月曜日はミニュットb-(c)を取れるかがポイント

 

引用元:https://jp.tradingview.com

(mini:15分足)

 

ミニュットⅰ波が終了後、ミニュットⅱ波は上記のように進行しています。

ミニュエット(a)波はチャネルラインの未到達(フェイラー)で終了したと考えています。

このカウントが個人的にしっくりきたので、これをメインシナリオにします。

 

ミニュットb波は拡大フラット?

 

ミニュットb波は拡大フラットで進行すると予測しています。

その理由はミニュットb波の始点(21205円)を割り込み、かつ(a)×1.236倍の21165円付近(ⅰ)-(ⅲ)チャネルが意識されているからです。

そして、拡大フラットはc=a×1.618倍になるケースが多いので、(c)波の終点は21405円あたりになると予測しています。

仮に、これ以上下落するなら、ミニュットa波が継続している可能性もあるので、慎重に見極めたいです。

 

月曜日の作戦

・21165円付近で寄り付く→打診L

・(ⅰ)-(ⅲ)チャネルを割り込む→LC

 

上記のような作戦です!

しかし、a×1.382倍(21150円)まで到達する可能性があるので、21150円と(ⅰ)-(ⅲ)チャネルを割り込んだ場合、損切りしようと思います。

 

 

来週のポイントは(c)波の下落

 

来週は(c)波の下落を取れるかが大きなポイントになると思います。

しかし、(b)波がどのように推移するかわからないので、余裕があればツイートするつもりです!

まずは、(b)波を上手く取れるように尽力したいですね!

 

ニートくん

メインシナリオ【(b)波へ移行、かつ(b)波が拡大フラット】であることをお祈りだね笑

 

 

チャネルラインの引き方について

 

では、チャネルラインの引き方についてのコツを備忘録として書いておきます。

合ってるかわからないので、「へ~」程度に思ってくださいね笑

 

チャネルライン引き方のコツ

・大きな押し(2波と4波)を意識

・0-2を結び1波終点に並行移動させる

・1-3を結び2波終点に並行移動させる

・2-4を結び1or3波終点に並行移動させる

 

これである程度、上手くチャネルラインが引けるはずです。

・0-2チャネル→3波の終点予測

・1-3チャネル→4波の終点予測

・2-4チャネル→5波の終点予測

 

そして、2波と4波がどこなのかわからないと思います。

でも、ある程度大きな押し(リトレイス)が2波と4波になるケースが多いです。

それと、相場はフラクタル構造なので、内部波動にもチャネルラインが引けるので、その内部波動のチャネルライン割れが次波動への転換サインだと、私は捉えています。

チャネルラインの引き方は慣れるまでは難しいし、私もまだまだ完璧ではないです。

しかし、上手く引けるようになれば、トレードを有利に進められるので、是非取り組んでみてください!

 

ニートくん

チャネルラインを味方にできれば、本当にトレードが楽になる

相場の転換に気づけるので、頭と尻尾でのエントリー・利確も可能なんだ

 

今後も、チャネルラインを上手く使えるように実践でアウトプットしまくっていきます!

まだまだ下手くそですので、日々精進していきたいです。

では、今日はこのあたりで!

では、みなさんも頑張りましょうね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です